経済活動としての美容師の仕事について思うこと



私が美容師の仕事をしてきて美しいって何だろう?と考えたり、もっと技術の向上をしたい・知識を深めたいと思い勉強を続けていると、「美容の仕事は経済活動である」ということに向き合うことになりました。

経済活動であるからには、お客様の満足はもちろんですが、利益を出さなければ続けられない。

今の美容業界で、カットのみの専門店等ではなく、一般的な美容院で利益を出すにはカラーやパーマ、トリートメント等の薬を使った施術が必要になってくるでしょう。
また、シャンプーやトリートメント等の商品なども販売しますよね。


私は美容師の仕事を通して考え続け、現場で見続けた結果気が付いたことは、薬を使った施術は極力せずに髪を傷ませないことと、その人にあったスタイルで自然な美しさを引き出すことが、私にとっての「美しい」ということでした。(→美しい髪を手に入れるには)

それは、自分の髪もブリーチや縮毛矯正・パーマなどやりたい放題(散々痛めつけました。若いころは髪が薬剤で溶けるほど 笑)、肌が弱くアトピー・職業病の手荒れに悩まされ続け、身をもって知ったことが「自然に反することをするなら、程度の大小差はあれどリスクを伴う」ということ。


また、アトピーなどのアレルギー症状で問題になる事の1つに、「社会毒」というものがありますが、美容院で使用する薬剤や人によってはシャンプー・トリートメントなども「社会毒」ですから、美容院で仕事をしていたら常にそういったものにさらされることになります。

皮膚がボロボロになりつつも仕事を続けていましたが、美容師の仕事は私の求める「美しさ」とは違うことに悩みました。

綺麗になる・可愛くなる為にはカラーやパーマが必要、今はこういったスタイルが流行で、それを手に入れるためにはお金を払って手に入れる必要がある、と思わされている面もあるのではないでしょうか。

また、自分が感じるその綺麗・可愛いは、本当に「自分自身が心から」そう思うものなのでしょうか。
…多くの人はそうではないと思います。テレビや雑誌のイメージや植え付けられた知識にかなり影響を受けているでしょう。
そのテレビや雑誌にはスポンサーがついているので、なぜそれにいいイメージを自分が持っているのか、その情報は本物なのか真剣に考えてみましょう。でないと、騙されてカモられてしまいますよ。


薬剤もいろんな種類のものが用意されていますし、シャンプーやトリートメントも種類が豊富です。
その薬剤などを用意しているのはプロフェッショナル用の商品を扱う会社ですが、元をたどっていくと多くは多国籍企業に行きつきます。

資本主義って怖いな~と思うのが、そういった美容院で扱うものに限らず、そういった多国籍企業が世の中に販売した商品で、私のようにアトピー・アレルギーで悩む人が多くいるということを考えたときです。人によっては便利でお洒落な気分にさせてくれる、素晴らしい商品なのかもしれませんが。

前からTPP(環太平洋パートナーシップ協定)について賛否両論ありますが、TPPが締結されれば儲かるのは多国籍企業だと考えると、これからどれだけ社会毒によるアレルギー・アトピーで悩む人が増えるだろうと思うと恐ろしいです。(2016年現在はアメリカの大統領選の結果から、TPPの実現の可能性はなくなりましたが、他の形で影響があるだろうなとは思っています。)


ちょっと脱線してしまいましたが、そういったことも考えていくと薬剤などを使って仕事をする美容師で、経済活動は出来ないなと思いました。
もちろん、美容師の仕事による経済活動で、嬉しい・楽しい・幸せを感じるプラスの面もあるとは思いますが、私にとってのマイナス面が大きすぎて続けられなくなってしまいました。

自分がアトピー・アレルギーで苦しんだせいか、「これが良いですよ」と勧められない商品を扱って対価を得ることは心苦しくなってきてしまったのです。

美容が大好きなのでそこまで思い至った時は辛くもありましたが、また違った見方が出来る日が来るかもしれないので、経済活動としては続けられませんが身近な人や自分自身に役立てていきたいと思います。