分業・専門化が進む美容の仕事


美容院で行われる美容技術の分業・専門化が進んでいますよね。

1000円カットに代表される、カット専門店。
普通に生活していれば見かける機会も多いでしょうから、これはもうお馴染みでしょう。

後は…

カラー専門店
縮毛矯正専門店
シャンプー専門店
ヘアセット・アップ専門店
エクステ専門店
まつげエクステ専門店

…等でしょうか。


美容院ですべて出来る技術ですが、特化することによって料金が抑えられたり、その分野のスペシャリストに施術してもらえたりと、メリットも多いように感じます。
だから、「専門店」が増えているのでしょう。


最近見かけたカラー専門店は、2000円台という破格の料金でした。
ドライ(髪を乾かす)のはセルフで、シャンプーは機械、会計は自販機でチケット制になっていました。

薬の選定や塗布は美容師にやってもらえますから、「綺麗に髪を染める」という目的が達成されれば、シャンプーやスタイリングなどは必要ない、美容院での余計な会話も必要ないといった考えの人にとっては、価値の高い・利用しやすいお店でしょうね。

ただ、縮毛矯正をかけていたり、セルフカラーをしていたり、髪にかなりのダメージがあったりと、施術履歴が分からないと希望通りの仕上がりにはならない可能性がある場合は、低料金の専門店ではカバーしきれないこともあると思います。

自分の価値観、髪質・施術履歴にあった美容院や専門店を選ばないと、失敗の原因にもなりえますから、この辺はよく考えて利用しましょう。


この分業化で思うことは、さすがに「パーマ専門店」というのは難しいでしょうね。
パーマをかける以前にそれに見合ったカットが無いと、求める仕上がりにはならないので。

予め、求めるスタイルに応じたカットがされていれば、後からパーマだけかけるということも可能でしょう。
ただ、下手すると二度手間になってしまいますから、余程の理由がない限りそうはしないでしょうね。

でも、いつか出てくるかもしれませんから、その場合はどうなるか楽しみにしておきます。


美容に限らず、分業化・専門化が進むと工夫してそれなりの付加価値を付けない限り、価格は下がる傾向にありますから、「余計なサービスはいらない」「とにかく料金は安い方が良い」人にとっては便利で過ごしやすい世の中になってきていますね。

かなり抑えた価格の場合、分業にはなっても「専門」と言えるほどの知識をもとに技術・サービスの提供がなされるのか、が気になるところです。

低料金の場合、凝ったことは対象外でしょうし、髪に関して言えば施術履歴が複雑だったり普段のヘアケア・セルフカラーの有無などでも、いい結果が出ないこともありますから、どう利用するかは考えた方がいいでしょうね。