クリープパーマについて

 クリープパーマもエアウェーブと同じく、新しいパーマの部類に入ります。
エアウェーブに近い感じの仕上がりになるので、緩くて・ふんわりしたヘアカタログでよく見かけるようなヘアスタイルも可能ですし、ウェーブの持ちもかなりいいです。
エアウェーブとの違いといえば機械を使わないことぐらいな気がします。

 同じように機械を使わずにパーマをかける、コールドパーマよりもウェーブダウンが少なく、持ちもいいのでおススメです。ただ、同じく専用の機械を使用しないコールドパーマよりは、施術中の放置時間がかかります。
私的な意見ですがエアウェーブに比べると、乾かした後のウェーブダウン(ちょっと緩くなる)がある感じがしますね。

 デジタルパーマやエアウェーブと違い、ウン十万する機械を用意する必要はありませんから、パーマの1メニューとして取り入れている美容院も増えてきているんじゃないでしょうか。エアウェーブがメニューになくても代わりにこのクリープパーマを試してみるのもいいかもしれないですね。エアウェーブより安い料金でかけることができますから、お財布にも優しいです。

ついでに、コスメ系のパーマ液について

 最近は同じコールドパーマでもコスメ系の薬なら(同じコスメ系でも薬によるとは思いますが)、エアウェーブに近い感じで仕上げられることもありますし、乾かした時にある程度はしっかりしたウェーブが出てくれることが多いです。

やっぱり、薬もどんどん良くなってきているんですね。
私的にはコスメ系のパーマ液はパーマのかかり・持ちの面からいって、今までは信用していなかったんですけど、最近は感心させられることが多いです。

 ウェーブの持ちは他の種類のパーマには敵わないかもしれませんが、ウェーブの持ちは髪の状態・質にもよりますし、コールドパーマでも薬によっては緩めにかけても、乾かした時に今までほどはウェーブがダレてなくなることなくパーマがかけられるかもしれません。

パーマをかける時は担当の美容師とよく相談してください。