カットについて

 かなり簡単にカットの説明をすると、基本的にはベースとなる形を切り、その後髪の量を調整していきます。量を調整するというのはのは、もちろん「すく」こと。

 では、ベースとなる形を切るとは何でしょうか?それは、アウトラインを切って(長さを設定して)段を入れる(入れないこともありますが)ことです。

これを踏まえて、「重めのスタイル」と「軽めのスタイル」の違いを簡単にまとめてみます。

軽め 重め
段は? 入れる あまり入れない
量は? 程よく減らす あまり減らさない
良い所 乾かすのが楽
動きが出しやすい
毛先がハネにくい
まとまり易い
悪い所 毛先がハネ易い
パサつきやすい
動きが出しにくい
乾きにくい

…こんな感じになります。
お客さんの希望のスタイルの長さ、形、量とお客さんの好み・ライフスタイル等に合わせて、段はどのくらい入れるか、どのくらい量を減らすかを考えます。

 結局は美容師の腕・センスによって同じ長さの設定にしても、仕上がりが変わってきます。高くなるポイントをどこにもってくるか、ボリュームをどこでだすか・どこで減らすか…同じ言い方で伝えても、仕上がりが微妙に違かったりしますので面白いです。


 ちなみに、クセの強い髪の人は段を入れるとボリュームが出過ぎて広がり易くなります。段を入れた場合はかなり毛量を減らさないと、手におえなくて大変なことになるかもしれないので、特にショートの方はご注意ください。

 くせ毛の人(強いクセがある人)は、あまり段を入れない方が基本的にはまとまり易くなります。クセの強い髪の方はそれをよく分かっている方も多いですね。

 私はあるお客さんで今までロングだったところを、一気にショートにしたらくせ毛が目立ってきてビックリ!!なんてこともありました。髪が長くて重みがあったからクセがあまり出ていなかったんですね。髪を短くするとクセはとても分かりやすくなります。

縮毛矯正がかけてある髪

 よくある要望なのですが、縮毛矯正をかけてある髪なのに、カットだけで毛先が内に入るようにして欲しい・・・というのは理論的に無理です。

 毛先が内に入りやすくなるようなスタイルにカットすることは可能ですが、縮毛矯正がかかっている髪は、縮毛矯正の薬と技術によって髪内部の結合を変え、髪が真っ直ぐにしていますよね。

 ちょっと考えてみていただきたいのですが…、真っ直ぐなもの(縮毛矯正がかかっている髪)をただ切っただけでどこか曲がりますか?

例えば、髪ではなく紙で考えてみてください。切っただけで曲がりますか?
それと同じです。髪をカットしただけで曲げられる・・・残念ですがそのような理論はありませんので、縮毛矯正かけた髪をカットだけで内に入るようにすることは出来ないです。もしそれが可能なら、パーマの技術は生まれませんでしたよね。

 毛先が内に入り易いスタイルにカットすることは可能ですが、縮毛矯正がかかっている髪をカットだけで毛先が内に入る様にすることは出来ません。

 こんなこと言うのもちょっと複雑ですが、最終的にはスタイリングです。ブローで(ブラシだけでなく、アイロンやコテなどを使って)毛先を内に入れていただくか、毛先にパーマ(縮毛矯正後でもかけられるデジタルパーマかエアウェーブなど)をかけるか…が一番確実な解決法だと思います。

「ブロー・スタイリングについて」の髪の乾かし方も参考にしてください。

短髪でない限り、カットしたスタイルは2ヶ月はもつ

 私は職業柄、ハンドブローが得意です。
ちゃんと乾かせば(乾かし方はこちらを参考にしてください)、特別にスタイリングしなくても髪型はしっかり決まります。そんな私がちゃんと乾かしても全く髪がまとまらずに困ることがあります。それは、「カットが下手」だった場合です。

 しっかり切ってあれば短髪でない限り2ヶ月は余裕で、上手い人が切ったのであればであれば3ヶ月はもつものだと思っています(髪が傷みすぎていなかったり、ちゃんと乾かしていたりすることが前提です)。

 ただ、髪の量を減らしたいからと言って髪をすき過ぎると、せっかくしっかりカットしてあるベースが崩れてしまうこともあるので、持続性に関しては一概には言えませんが、すき過ぎずに重めのスタイルであればもちは良いはずです。

 しっかりベースを切ることが出来なくて、髪をすいて誤魔化している場合は、私の場合一か月も持たないです。カットの練習台になることや、友達の売り上げに貢献するためにお付合いで切りに行くことがありましたが、上手い人・下手な人は直ぐに分かる様になりました。下手な人に切ってもらっても、結局スタイルが一か月も持たずに直ぐにカットしたくなってしまうのです。

 美容師である私がちゃんと乾かしているのにまとまらないカットだと、ブローが得意ではないお客さんなら常に毛先がはねたり、うねったりして大変でしょうね。別にカット料金が安いわけでもないのに、いつもこんなカットしているのかと驚いたこともあります。

 カットについてで説明しましたが、「ベースとなる形」がしっかり切れていてベースを崩さない程度の適度な毛量調節(髪をすいて減らすこと)が出来ないと、持ちをよくすることは難しいのかなと思います。

 いろいろ分かる様になってくると、カットしてもらう美容師を変えるのは相当の勇気がいりますし、ホットペッパービューティーとかで検索して気軽に行ったことのない美容院に行くことが出来なくなりました。

 特に、自分より若い美容師が担当だと「えー、そんな風に切っちゃうの!?」とか、いやいやこれはないでしょ…とか気になって仕方がないんですよね。嫌な客ですね、私…。
でも、美容師側からすると美容師相手はやりにくいですから何も言わずにいましたが(笑)結局自分で直すことも多いです。

 さて、このこともふまえて、カットの上手な美容師を見つけたら放さない方が良いです。技術が上手いだけでなく、好みが合う、要望が伝わり易い美容師ともなるとフィーリングが重要にもなってくるので、そこまで合う美容師を見つけるのは大変ですから、この人!という美容師を見つけられたらラッキーですね。