ファッションカラー、色味について

 次に、色味について書いていきます。ヘアカラーでも色を扱うことに変わりはないので、いろんな色の絵の具を混ぜるとどうなるかを想像してみてください。

例えば、
++黄色   …等ですね。

 カラー剤もいろんな色がありますから、その色の薬を切らしたりしていない限り、わざわざ色味を作ることはあまりありません。ただ、よく使うのは特定の色味を消したいときはどうするか、ですね。

 これは消したい色の反対色(補色といいます)を使います。反対色を混ぜると色の鮮やかさが無くなって色が濁り、茶色っぽくなりますよね。 さらにいろんな色を混ぜるとどんどん濁っていくので、こげ茶から黒へと近づいていきます。

この色の反応を利用して、色味を消します。具体的には
黄色
オレンジ(ヘアカラーだとアッシュ系)
(マット系)

・・・がそれぞれの反対色です。

 美容院でカラーをやってもらうなら美容師が求める色に合わせて薬を調合してくれますが、自分で染めるなら上記の反対色を選びましょう。

ただ、セルフカラーでやりたい色がある場合は、今出ている色味+やりたい色=仕上がりになるので、なかなか思いどおりの色味は出ないと思ってください。

そして黒染め後の赤味はこの反対色を使ってもなかなかとれません。
もちろんブリーチをしてからやったとしても、です。