ファッションカラー(おしゃれ染め)について

 ファッションカラーについてですが、基本的には髪をいろんな明るさ・色に染めることが出来ます。ヘアカラーは髪の色を抜くのと同時に、色味も入れていくからです。

 色を抜くことによって地毛の明るさが変化します。髪は明るさの変化によって黒~茶色ベースに赤味~オレンジ~黄色と、地毛の色が変化していきます。 その上に色味が入る感じになりますので、この赤・オレンジ・黄色以外の色は入れても分かりにくいです。
また、褪色して色味が抜けると明るさの変化した地毛の色になります。

 これを踏まえると、色味を綺麗に入れたいなら地毛に出ている色味に近い色で染めると持ちがよく、綺麗に染まります。
また、人それぞれ赤みが強い髪だったり黄味が強かったりするので、それも合わせると良いでしょう。

 そして髪色を明るくしたいなら当然色味は薄くなります。色味を強く入れたらそのぶん明るさが暗くなってしまうからです。また、同じ明るさに設定しても、色が違えばもちろん明るさも違って見えます。例えば黄色は色味の中で一番明るく見えますし、逆に紫は一番暗く見えます。

 そう考えると、普通にヘアカラーしただけでは強く色味が出せなかったりします。 これも理論的に無理だからです。強く色味を出したいなら、ブリーチしてからヘアカラーかヘアマニキュアで色をかぶせないと厳しいです。

 普通にヘアカラーをすると、黒から茶色になった地毛に対して色味をのせるので、茶色に薄ら赤みとか茶色に薄らピンク・・・な感じになります。
また、大体は緑・青・紫の色味はとても分かりにくいです。青はアッシュ系ってことで寒色系の代名詞的な感じはあり、よく使いますが。

 比較的、色味が分かりやすいのは8・9レベルくらいの明るくもなく、暗くもなく・・・の明るさだと思います。

 ここで、黒染めについても触れておきます。
一度黒染めをしたら、ブリーチをしないと明るくはできません。黒くするために髪に染料をガッツリ入れているからです。 そこは白髪染めと同じです。
また、たとえブリーチをしてもどこまで明るく出来るかわかりませんし、ムラになることが多いので綺麗に仕上げるのは難しいです。

 そして、ブリーチしても髪に赤味は必ずと言っていいほど残りますので、好きな色味に染めることもできません。これは美容師の腕だけではどうにもなりません。
こちらも理論的に無理なので、それを可能にしてくれる薬が出るのを待つしかないですね。ブリーチも縮毛矯正と同じくとても傷みますので、繰り返し何度も出来ません。気を付けましょう。

関連記事→ファッションカラーの色味について