デジタルパーマ・縮毛矯正などの熱処理された髪の毛について

 今、縮毛矯正やデジタルパーマなどの熱を利用した形状記憶系の施術をする方が多いですよね。

 形状記憶なので基本的にかけたところはかかったままになるので、持ちもいいですし普段の手入れが楽ですからね(髪が受けたダメージが大きいと逆に見た目も汚くなるし、手入れが大変になりますが)。やる人が多いのも分かります。

 しかし、そういう施術がしてある髪の毛は、髪が熱変性を起こしているので、次の施術にいろんな影響を与える可能性が高いです。注意が必要です。

 まず、ヘアカラーのトーンダウンをするとき(髪の色を暗くするとき)、色が沈みすぎてしまうことがあります(暗くなりすぎてしまうことがあります)。沈む程度はそれぞれのカラー剤にもよりますし、個人差がありますが、いつも以上にヘアカラーの施術には注意が必要になります。

つまり、縮毛矯正やデジタルパーマがかかっていることによって、それがヘアカラー失敗の原因になってしまうことがあるということです。

また、熱処理してある髪の毛には、普通のコールドパーマやストレートパーマは基本的には上手くかかりません(例えば、縮毛矯正後に普通のコールドパーマ、デジタルパーマ後にストレートパーマなど)。これはパーマ関連ページに詳しく書きました。

 結局、繰り返し熱を利用した形状記憶系の施術をせざる負えなくなる・・・という、髪のダメージを考えると負の連鎖になってしまうことが多いです。
 縮毛矯正やデジタルパーマは高温の熱を利用してかけているので、何度も繰り返しかけられないほど髪に与えるダメージが大きいのに、繰り返しかけるという選択になりやすい施術なのです。


 いつも同じ美容院に行っていて、お店側が今までの施術の履歴を把握しているなら問題はないです。もし、初めて利用する美容院に行ったら、もちろん担当の美容師がカウンセリングでパーマやカラーの履歴を聞いてくれると思いますが、もし細かく聞かれなかったらわかる範囲で構わないのでパーマの種類やカラー(特に黒染めやブリーチ、ヘナ、ヘアマニキュア)について、いつごろに何をしたかは伝えた方がいいでしょう。
それだけでも失敗は防げることもありますから。

 普段のヘアアイロン・コテの使用も、高温の熱が使われているので注意が必要です。
毎日のように使っていると、髪への負担・ダメージが大きいです。高温の熱を使った施術をする際は、後のこともよく考えて利用した方が良いかと思います。