パーマについて(パーマの種類)

 まず、パーマのかかる仕組みをかなり単純に説明します。どのパーマも主に一液・二液の二種類の薬を使います。

 一液を反応させて髪の形を変えられるようにし、ロッドを巻いたり、アイロンをかけたりして求める形にします。そして、二液を反応させて求める形に固定します。(パーマの種類によってロッドを巻くタイミングが違いますが、ここではそこまで説明する必要はないので省きます。)


 次に、パーマの種類です。
単純に分けると「髪をストレートにすること」と「髪にウェーブをつける事」になります。
更に分類すると…

1、ウェーブのついている髪をストレートにする
・ストレートパーマ
・縮毛矯正

2、ウェーブのついていない髪にウェーブをつける
・コールドパーマ(昔からある普通のパーマ)
・デジタルパーマ、エアウェーブ(専用の機械を使ってかける形状記憶パーマ)
・クリープパーマ(形状記憶に近い効果が得られるパーマ)
 

…となります。
 美容院によって、「~パーマ」といろいろな名前でややこしく書かれていますが、大きく分類するとこんな感じになります。基本はこれです。

 それぞれのパーマについて説明する前にまず、知っておいてほしいことがあります。これを知っていると、パーマの選択を間違えることが少なくなりますので、是非覚えておいてください。
ウェーブには髪が濡れているときに出るウェーブと、髪が乾いた時に出るウェーブがあります。

 ちょっと分かり難いかもしれないので、身近なことで想像していただきたいのですが、例えばくせ毛の人。くせ毛の方で髪が濡れているときにはクセがあまり出ないのに、髪が乾くとうねり出す・・・なんていう方は多いのではないでしょうか。それが乾いた時にでるウェーブです。

 また、パーマをかけて乾かしたらウェーブがほとんどなくなってしまった、ウェーブのかかりが弱くなった…というのも、髪が濡れたときに出るウェーブと乾いた時に出るウェーブの差です。

 パーマには、この乾いた時と濡れたときのどちらの状態で形状記憶させるかによって、かかり具合というか仕上がり、手入れのしやすさ、求めるスタイルに近い仕上がりになるかどうか等が変わってきます。とても重要な事なので、是非頭に入れて役立てていただければと思います。

パーマの詳細はこちら
髪をストレートにする
髪にウェーブをつける